学都

作詞:ちんねん
作曲:ちんねん
編曲:ちんねん



学都と呼ばれるこの街で僕ら二人は巡り会った
出会いと別れのカリキュラム
けじめと伝統引き継いだ卒業

入る大学選んだ意味で必然の出会いだと言い切れる
受験の後で緩む緊張
合格のご褒美と受け入れた

車動かす当てもないのに
免許だけ取りに行く梅雨の午後
違う学部で通じる話題
何気なく君と話し出す

一人暮らしの日々、何もかまわずに
初めて異性を一人だけ呼んだ
安いグラスに注ぐカクテル
電子機器だけが立派な部屋で

学都と呼ばれるこの街を君一人だけ出て行くまで
時間は無限にあるものと地下の図書室で思ってた

10年も前の文献を並べて埋もれていた僕は
2年も後の就職先、探してる君のあせりに気づかない

君から届く年賀状には、印刷の隙間、手書きの文字で
「こないだあえて楽しかった」と
もう僕は古い友達さ

数年たてば違う顔つき
だけど僕はまだ卵のままで

学都と呼ばれるこの街で僕は「長いね」と言われだす
車もないのにゴールド免許
プリンタも去年買い換えた

僕がこの街を去るときはどんな決意で去るのだろう?
4年のけじめは彼女が決めた
自分で選んだこの道の修了(終了)
posted by ちんねん at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。